2009年11月29日

第2回グローバル・スタディーズ研究会のご案内

 創価大学大学院文学研究科グローバル・スタディーズでは、以下の要領で研究 会を開催いたします。
所属に関係なく、ご関心のある先生方、大学院生、学生諸君の参加をお待ちしております。
 

           記

 創価大学大学院グローバル・スタディーズ研究会

 日時:2009年12月8日(火)午後4時30分より6時まで
 場所:本学A棟6階会議室
 報告者:熊沛彪 武漢大学国際関係学院教授
 テーマ:「満州事変とワシントン体制の終焉」
 

 熊沛彪氏 :
 専門は、国際関係論・日中関係史、
 早稲田大学留学、南開大学教授を経て現在武漢大学国際関係学院教授。
 『近現代日本の覇権戦略』など著書・著作30数編。
 現在は、在外研究のため、創価大学文学部に滞在中。
 


なお、会終了後、八王子市内で熊先生の歓迎会を行います。
参加ご希望の方は、林までご一報ください。 会費は3000円ほどの予定です。


問い合わせ先 :創価大学文学部 林亮 ahayashi@soka.ac.jp


創価大学へのアクセスはこちらをご覧ください
http://www.soka.ac.jp/about/access/index.html
posted by グロ研 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

第4回研究会の御礼

第4回研究会は盛会のうちに無事終了しました。
あいにくの天気ではありましたが、36名の参加者を得ることができました。
ご参加いただいた皆様に感謝いたします。

また、報告者の近藤氏、粟津氏のお二人には重ねて御礼申し上げます。
現代インドの状況やヒンドゥー・ナショナリズムの実態、「グローバル化」概念の問題性、中国や日本における戦争の記憶の実態等、多岐にわたって学ばせていただきました。
会議の様子や議事録、議論の内容については、後日またアップします。

取り急ぎ、無事終了の御礼を申し上げます。

なお、研究会案内書等に不備があり、ご迷惑をおかけしました。
今後の反省点として参ります。

(事務局 加藤)
posted by グロ研 at 23:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

第4回研究会のご案内

今回は、現代インドにおけるヒンドゥー・ナショナリズムの形成に詳しい近藤氏の研究報告と、日中戦争時における犠牲者の慰霊顕彰碑に関する粟津氏の報告を学びながら、グローバル化のもたらす「国民」意識の相対化、他方での「国家」概念の再構築とナショナリズムとしての展開を考えていきたいと思います。また、今回は、創価大学社会学会との共催で行います。
参加を希望される方は、事務局(担当:加藤)まで、ご連絡頂ければと存じます。皆様のご参加をお待ちしております。
            
              記

テーマ:「グローバル化とナショナリズムの再構成」
日 程:2006年6月9日(金) 午後3時〜6時
場 所:創価大学 文系A棟321教室

続きを読む
posted by グロ研 at 15:41| Comment(2) | TrackBack(3) | 事務局より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。